NOF【ノフ】



NOF【ノフ】

ヴァイオリン、マリンバ、エレクトーンで構成されるユニット。
ユニークな編成でありながらも、たった3人で演奏しているとは思えない厚みのあるサウンドに驚かされることでしょう。超一流の奏者である水野佐知香、神谷百子、赤塚博美が奏でる音楽のメッセージを感じながら、愛と情熱のこもった演奏と緻密で繊細な編曲の素晴らしさを堪能しつつお聞きいただければと思います。


水野 佐知香[ヴァイオリン]
東京藝術大学卒業。在学中より活発な演奏活動を開始。国内外の主要なオーケストラとの共演はもとより、テレビ、ラジオなどの音楽番組に出演。邦人作曲家の作品や各ジャンルの著名アーティストとの共演レコーディングも数多く、近・現代音楽への造詣も深い。1999年、邦人作品によるソロアルバムCDをリリース。その幅広いレパートリーと卓越した音楽性および高度な技巧には定評があり、年々高い評価を得ている。ソロ活動を続ける傍ら、アンサンブルや教育活動にも情熱を傾け、各地での公開レッスンまた全日本学生音楽コンクールやかながわ音楽コンクール等、各地の音楽コンクールの審査員を務め、多くの逸材を育てている。現在、洗足学園音楽大学教授、弦楽合奏団ヴィルトゥオーゾ横浜代表。NPO法人純正律研究会代表、横浜音楽文化協会幹事。2012年度横浜文化賞受賞。


神谷百子[マリンバ]
1995年ルクセンブルク国際打楽器コンクール・ソロ・マリンバ部門優勝。海外19ヶ国の音楽祭から招待されるスーパー・スター。
数々の国際コンクールで審査員を歴任。CD「マリンバ・カクテル」がステレオ誌年間最優秀録音賞受賞。洗足学園音楽大学打楽器コースアカデミックプロデューサー(主任教授)、東京音楽大学、エリザベト音楽大学各客員教授。国立音楽大学講師。YAMAHA、Resta-Jay Percussions(仏)アーティスト。2014年よりResta-Jay PercussionsからMomoko Kamiyaシグネチャーマリンバマレットが発売されている。日本を代表するマリンビストとして世界的に活動中。最新CDは、「Pieces of Peace」。


赤塚 博美[電子オルガン]
学生時代よりインターナショナルエレクトーンコンクールグランプリ大会など数々の音楽賞を受賞。ソリスト、オペラ伴奏者として演奏活動を開始してからは、ミラノスカラ座のコルペティトーレであったG・ピサーニ氏に学び数々のコンサートで共演。レパートリーは、古典的なオペラから現代の作品まで幅広く、また現代曲の初演も数多く好評を博す。国内外を問わず、歌手、オーケストラと共演。今夏はイタリアにて、ミラノスカラ座の演出家であったアントネッロ・マダウディアツ氏と共演し大好評を博している。現在、洗足学園音楽大学電子オルガン科教授。繊細な音楽のニュアンスまでをも表現できる数少ないエレクトーン演奏家として、多方 面で活躍を期待されている。