PPP【パーカッション パフォーマンス プレイヤーズ】


【パーカッション パフォーマンス プレイヤーズ】

木村 就生、鈴木 和徳、秋場 一宏、元田 優香、山口 古津絵、の5人からなるマーチングを取り入れた打楽器のみのパフォーマンス集団「PPP」。
同じ大学で打楽器を学び、マーチングが好きで集まった仲間で2004年に結成。
リーダーである元田優香が第19回日本打楽器協会新人演奏会に出演、グランプリを受賞。翌年の招待演奏会にて自作曲PPPを披露し、さらに同年の20周年記念打楽器新人特別演奏会に出演した。個性派5名が見せるパフォーマンスは「一瞬たりとも見逃せない!」演出で聴衆を魅了。
定期的に行っているPPPワンマンライブでは意欲的なプログラムに挑戦し、常に新しい「打楽器エンターテイメント」の可能性を発信している。また、全国各地のお祭りや企業イベントをはじめ、小中高等学校の学校公演や芸術鑑賞会、幼稚園や福祉施設、チャリティーイベント、メディアへの出演など幅広く活動している。


▽Biography
第57回NHK紅白歌合戦のDreams Come Trueのバック鼓笛隊を担当/劇団四季55周年記念公演「55STEPS」マーチング演出、編曲、指導担当/東京都公認 第9回ヘブンアーティスト合格(音楽部門209組中6組合格)/Enjoy PPPワンマンライブツアー2010(横浜・大阪・鹿児島・徳之島・東京)開催/日本最大のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2011、2012」出演/CS放送 キッズステーション「うたばこ」第27話、第28話 ゲスト出演/PPP 2012 TOUR「BeaTgather」(北海道・青森・岩手・東京)開催/2013年2月PPP2012 TOUR「BeaTgather」東京公演のライブをDVD発売。